STORY

「あの家には魔女がいるらしい」
ある日の未明。そんな噂がまことしやかに囁かれるラプラード伯爵家から出火した。
唯一の住人である長男は別の場所にいて無事だった。資産も大半を銀行に預けていて無事。 しかし彼は「いない」と繰り返し、ひどく焦燥した様子だった。

ときを同じくして、少女マリエルはひとり汽車に乗っていた。
目指すは会ったこともない公爵の家。荷物は父からの紹介状と切符だけ。
魔女の導く先にあるのは幸せか。それとも――

CHARACTER

マリエル・ラプラード(名前変更可)

ラプラード家の三女。わけあって幽閉されていた。自己肯定感が低く後ろ向き。

レイゼル・ラプラード

ラプラード伯爵家現当主でマリエルの兄。自らの立場を良くするために余念がないわりに野心はない変わり者。女性から人気だが特定の相手がいるという噂は聞かない。

フィデリオ

公爵家の跡取り。父が元気なため遊んでばかりいる放蕩息子。社交的で誰とでもすぐに打ち解ける反面、肩書しか見られていないことに辟易しているらしい。

魔女(自称)

マリエルが絶望したとき現れて道を示してくれる謎の存在。いついかなる時でも顔が隠れており、年齢も性別も不明。

STAFF

企画・制作
USURAHI
シナリオ/スクリプト/各種デザイン
笹音

お借りしました(敬称略)

ATTENTION

このゲームには近親者間(兄妹)での合意のない性的な関係をメインに描いている他、暴力殺傷行為など倫理に反するものが多数含まれています。
直接的な表現はぼかしていますが、高校生含む18歳未満の方、及び苦手な方はプレイをご遠慮ください。
なお、制作者にそれら行為を助長、推奨、肯定する意図は一切ありません。あくまでも創作物としてお楽しみください。

プレイ可能期間:22年4月1日~5日
動画や配信、ゲームデータの保存や再配布等は一切禁止です。
紹介、レビューは可能です。ガイドラインを守ってお願いいたします。